FC2ブログ

小さな旅の記録

趣味の小さな旅(温泉、食事、旅の途中の乗り物)の記録です。

遠州和の湯

2015年8月30日(日)

8月最後の日曜ですが、秋雨前線の影響で涼しい雨の1日でした。

そんな今日は、袋井市にある「遠州和の湯」に行ってきました。
遠州和の湯

まずはお風呂です。
【温泉データ】
温泉名:小笠山温泉
泉質:ナトリウム-塩化物泉(等張性・弱アルカリ性・低温泉)
泉温:26.7℃
pH:8.3
入場料:1,000円
感想:入ったときは雨も小降りだったので、露天風呂に行きました。天然温泉の方は、鉄分豊富なのか、褐色のお湯(そして若干のツルツル感あり)。そして、天然温泉の他に別府温泉のお湯を模した硫黄泉もあります。白濁したお湯と独特の臭いでいい雰囲気♪普段、人工温泉にはあまり惹かれないのだけど、硫黄泉だけは別です。私の好きな温泉3要素「硫黄泉」「色付き・にごり湯」「ツルツル温泉」の3つとも味わえたので満足でした。ちなみに、露天風呂は結構広くて開放感あり、随所にテレビが設置されているのと、お湯がぬるめなので、長く浸かっていることができます。

入浴後は、夕食。

この施設に来たのは、温泉目的っていうのもあるけど、この食事目的な部分もあります。
なぜなら、ふぐが食べられるからです。

今回は「ふぐ唐揚げ」1,200円+「ふぐ釜飯」1,200円を注文しました。

まず、唐揚げが先に出てきます。
遠州和の湯
結構骨の部分が多くて、骨から身を引き剥がして食べる、っていう感じで食べられる部位の量は少ないけど、高級魚なのでまあ仕方ないのかな。

釜飯の方は、出てきてから蒸しあがるまでに待ちの時間があります。
遠州和の湯
こっちは骨も無く、快適にいただくことができました(ふぐの量は少ないけどねー)。蒸したてとあってとっても熱々でした。

この他にもテッサ、雑炊、あら汁なんかもあり、ふぐの他にもすっぽん料理もあったりして珍しいので、また機会があったら来てみようと思います。

帰りは、袋井IC→可児御嵩IC経由で帰ってきました。

<今日の行程>
自宅→可児御嵩IC→島田金谷IC→藤枝市立駅南図書館→袋井市立図書館→遠州和の湯(初)→袋井IC→可児御嵩IC→自宅

スポンサーサイト



  1. 2015/08/30(日) 22:21:14|
  2. 湯めぐり味めぐり(静岡)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<あっ宝んど(福井県大野市) | ホーム | 国道157号線(酷道157号線?)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://makinota.blog.fc2.com/tb.php/831-a729022d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)